芦屋の美容外科・美容皮膚科 [ヒュークリニック芦屋 | HU clinic Ashiya]

医療ダイエット(痩身)

医療ダイエット(痩身)はこんな方におすすめです

  • 忙しくてダイエットをする時間がない
  • 運動が苦手
  • 食欲を抑えるのが苦手
  • 部分的に細くしたい箇所がある
  • ダイエットに失敗ばかりしている
  • 無理なくスタイルアップしたい
  • リバウンドしたくない

医療ダイエット(痩身)とは

医療ダイエットとは、クリニックなどの医療機関で医療行為として行うダイエットのことです。「医療痩身」や「メディカルダイエット」とも呼ばれます。
具体的には、医師や看護師などの国家資格保有者の指示・指導のもと服薬や注射、施術などによりダイエットを行います。
厳しい食事制限や運動などに頼らず、手軽に効率よく理想のボディラインを目指せます。
自力でのダイエットが難しい人でも痩せられるダイエット方法として人気を集めています。

当院で行っている医療ダイエットについて

リベルサス

リベルサスはGLP-1受容体作動薬という経口薬です。インスリン分泌をコントロールして血糖値の上昇を抑える薬で、
血糖値の急激な上昇を抑えるため、満腹感を維持し過食を抑える効果も期待できます。
リベルサスで血糖値をコントロールすることで「食欲減退」「内臓脂肪の燃焼」「基礎代謝の向上」などの効果が期待できるため、
辛い運動や食事制限を行わずに痩せたいと考えている方にオススメです。

リベルサスには3mg、7mg、14mg錠の3種類があり、当院では3mg、7mgを取り扱っております。
空腹時にコップ約半分の水と一緒に1日1錠ずつ服用します。
飲み始めの頃は身体に慣らして行く目的で、成分量が少ない3mgから始めます。
服用した後は、30分~1時間程度は食事や水分の接種を避ける必要があります。

カナグル

カナグルは、SGLT2阻害薬の一種で、体内の糖を尿と一緒に排出して血糖値を下げる経口薬です。
通常、血液に入った糖は腎臓で濾過されて、尿細管で再吸収されます。
カナグルはこの工程のうちの「糖を再吸収する働き」を抑制します。
糖の吸収を抑制することで「脂肪を蓄積させない」「高血糖予防」などの
効果が期待できるため、日頃から糖質の摂取が多い方にオススメです。
1日1錠(100mg)を朝食前または朝食後に服用します。毎日同じ時間に服用することで、効果が期待できます。

マンジャロ

マンジャロとは、GIP/GLP-1受容体作動薬という皮下注射薬です。
体内のインスリン分泌を促す「GIP」「GLP-1」と呼ばれる2種類のホルモン物質を活発化し、血糖値を下げる作用があるほか、
体重減少にも効果的です。
両方の受容体に同時に作用することで、より効果的な血糖値のコントロールが期待できます。
マンジャロは、血糖値の上昇を抑えるだけでなく、食欲を抑制し、胃の内容物の排泄を遅らせて満腹感を持続させることで、
体重減少に優れた効果が期待できます。
マンジャロは週に1回、使い切りのペン型タイプで、注入ボタンを押すと皮下に自動で針が刺さり、1回分の薬剤が注入されます。
毎日行う必要がないため、内服を続けられないという方にもオススメです。

副作用

以上の薬剤全般に関する、副作用についてです。

・嘔気、食欲不振、便秘、下痢、倦怠感など。
これらは、通常徐々に治まることがほとんどですが、万一、副作用が強く出現する際には、ご相談ください。

・その他の副作用としては、低血糖症状(脱力感、冷汗、動悸、めまい等)、膵炎、腹痛、腹部膨満感などがございます。
これらの症状が現れた場合には、医療機関を受診してください。

脂肪溶解注射(カべリン)

カベリン(脂肪溶解注射)とは、デオキシコール酸を主成分とし、脂肪を分解して体外へ排出する注射のことで、痩身治療の一種です。
注入部位の脂肪細胞自体を減少させることで、局所ダイエットの効果があります。顎下二の腕などの部分的に痩せたい方に
おすすめです。
デオキシコール酸とは脂肪細胞の細胞膜を破壊する作用があり、この濃度が高いほど脂肪減少作用が期待できます。
カベリンにはデオキシコール酸が約0.6%と高濃度で含まれ、昔からある有名な脂肪溶解注射BNLSと比較すると
約5000倍の濃度と言われています。

副作用・注意事項

腫れ・痛み:軽い腫れが2~3日程度
内出血:出た場合は、1~2週間程度
メイク・入浴・洗顔:当日から可能
洗髪・シャワー:当日から可能

ダイエット点滴

ダイエット点滴とは、L-カルニチンを主成分とした点滴です。その他に、α-リポ酸や代謝に関わるビタミンをブレンドしています。
リベルサス・カナグル・マンジャロと並行して受けることで
よりダイエット効果が高まります。

 

L-カルニチンとは・・・

L-カルニチンは、アミノ酸の一種として肝臓で作られ、体内に存在する脂肪酸をミトコンドリア(細胞内のエネルギーを産出する部位)への運搬し、
脂肪燃焼を助けます。

体内の脂肪を燃焼してエネルギーに変えるために必要不可欠な栄養素ですが、年齢とともに生成される量が減っていきます。
その為、L-カルニチンを定期的に補充することによって脂肪がエネルギーとして使われやすくなり、効率の良いダイエット効果が
得られるようになります。

 

αリポ酸とは・・・

αリポ酸は、別名「チオクト酸」とも呼ばれている脂肪酸の一種です。αリポ酸は、細胞の中にあるミトコンドリアに存在する成分で、
糖を代謝してエネルギーを生み出す役割を担っています。
そのため、ダイエット効果を高める作用が期待できます。
また、抗酸化作用も持っており、ダイエットだけでなく、活性化酸素の抑制効果による若返りにも効果を発揮します。

ヒュークリニックのカウンセリングに是非お越しください。

ヒュークリニックでは、患者様のご希望と、既往歴、現在すでに服用中のお薬などを、
丁寧にヒアリングした後に、理想のダイエット方法をご提案させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

医療ダイエット(痩身)の料金表

当院では以下の様な種類、料金体制でご準備させていただいております。
詳しくはカウンセリング時に、丁寧にご説明させていただきます。

脂肪溶解注射 (カベリン) 1回 1㏄ 7,700
マンジャロ(注射剤)
(持続性GIP/GLP-1受容体作動薬)
2.5mg 1本 6,600
5mg 1本 11,000
リベルサス (内服)
3mg/10錠 4,400
7mg/10錠 6,600
カナグル (内服) 100mg /10錠 4,400

医療ダイエット(痩身)の施術の流れ

1.カウンセリング予約

お電話、またはWEBサイトフォームからご予約ください。

2.カウンセリング

患者様のお悩みやご希望を伺いながら治療をいたします。ご不明な点などがあれば、お気軽にご相談ください。

3.ドクターカウンセリング

ドクターがカウンセリングいたします。あなたのお悩みやご希望を、できるだけ詳しく具体的にお聞かせください。ご希望される施術方法と患者様の体質・体形・生活環境・症例写真やシミュレーションをもとに、あなたに手術方法をわかりやすく丁寧に説明します。

4.施術

お悩みをお伺いし、適切な治療をいたします。

使用する医療機器・医薬品について
  1. 日本国内においては、医薬品医療機器等法上の承認は取得していません。
  2. 本治療に用いる未承認医薬品等は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものです。 院内調剤(一部外部委託)として、適法に調剤しています。 日本では、未承認医薬品を、医師の責任において使用することができます。
  3. 同一の成分・性能を有する、他の国内承認医薬品等はありません。
  4. 重大な副作用などが明らかになっていない可能性があります。

医療ダイエット(痩身)に関するよくあるご質問

治療の効果が実感できるのはいつからですか?
メディカルダイエットは、早い施術で数日後、遅い施術でも数か月後には効果が実感できるようになります。
患者さまのご予定に合わせて治療プランをご提案いたしますので、無料カウンセリング時にお気軽にご相談ください。

脂肪溶解注射(カベリン)のダウンタイムはどれくらいでしょうか?
施術後に赤みや腫れ、内出血が生じることもございますが、数日から1週間ほどで自然と落ち着いてきます。
脂肪吸引などの外科手術を伴う施術と違い、日常生活に支障がでることはありません。

脂肪溶解注射(カベリン)はどのようなペースで治療を進めていくことが理想的ですか?
確実にやせの効果を出すためには、2週間に1度程度のサイクルで、3~5回程度は注入することが必要になります。

ほかの薬を現在服用していますが、一緒に内服しても大丈夫ですか?
他院からの他の薬が処方されている場合には、飲み合わせなどの関係もございますので、是非とも事前にご相談ください。